和のふりかけ

和のふりかけ

 

本物の素材にこだわった、
ふりかけです。

子どもたちも大好きなごはんの相棒。
素材が持つ本物の味を楽しめるふりかけがあったなら、
食べることがきっともっと豊かになるはず。
私たち新橋 玉木屋の佃煮ふりかけは、
そんな思いから始まりました。
自然のお野菜、自然の小魚、自然のお肉……
素材はすべて厳選した自然のもの。
防腐剤も保存料も合成着色料も余計なものは一切使わない、
安全で栄養のある天然の半生ふりかけ。
江戸時代から受け継ぐ製法で、
人の手をたっぷりかけて手間を惜しまず作りました。
育ち盛りの子どもたち、
本物の味を知っている大人のみなさまも。
丹精込めて仕上げた本気のふりかけ、
どうぞ白いご飯と一緒に召し上がってみてください。

江戸時代から伝わる手作り製法。

人の手でしか出せない味があります。

だから私たちは、江戸時代の創業当時から手作りの製法にこだわってきました。

便利な機械がたくさんある合理的な今の時代でも変わらず、ずっと。

ひとつひとつの素材の味わいをしっかりと引き出すために、

すべての素材を別々に、それぞれに適した方法で人の手で仕込むこと。

便利だからと風味を損なうような材料を使わないこと。

本当の味を追求すると膨大な手間がかかります。

でもひとりでも多くの方に本物の味、食べる喜びを感じて頂きたくて、

230年以上変わらずこだわり続けています。

忙しい日本の食卓と、
ともに歩み続けて231年。

創業は江戸時代中期の天明2(1782)年。

越後の国・玉木村出身の七兵衛が、江戸片側町(現在の新橋一丁目)に構えた小さな店で、

郷里に伝わる手作りの煮豆「座禅豆」を売ったのが始まりです。

その後、三代目七兵衛の頃。

佃島(現在の東京都中央区の南東部に位置する隅田川左岸あたり)の漁師たちの

保存食・佃煮にヒントを得て、独自の工夫を重ねオリジナルの江戸佃煮を完成。

忙しい都会人・江戸っ子たちの日常を支える

“保存できる即席食品”として江戸中に広まりました。

そして現在、玉木屋七兵衛は九代目になりました。

代々受け継いできた手作りの製法と秘伝の味、本物へのこだわり……。

231年の間積み重ねてきたものを大切に守りながら“今”の美味しさを探求し続けています。

店舗案内
店舗案内
住所 〒105-0004
東京都港区新橋1-8-5 株式会社 新橋玉木屋
営業時間 【月~金】 10:00~19:00 (7月、12月は10:00~19:30)
【土日祝】 10:00~18:30
電話番号 03-3571-2474
  お取り扱い店舗一覧 →